風の絵師第14話あらすじ|nonkoの料理メモ

nonkoの料理メモ

土鍋やルクエのレンジを使った簡単料理のメモや夕食日記を書いていきます。 大好きな韓流ドラマや海外ドラマサスペンス映画のあらすじ感想も時々♪ 自分のお気に入り美容健康通販グッズや気になるものも随時更新!

スポンサードリンク

風の絵師第14話あらすじ

ブログネタ
韓流ドラマ に参加中!



第14話あらすじ


ホンドとユンボクは、正祖から思悼世子の睿真を探すよう頼まれる。・・

ホンドは、睿真を描いた師匠のスファンと友のイルォルタンが・

亡くなった時の記録を調べはじめる。・・


ユンボクは、イルォルタンの本名がソ・ジンと知って驚きのあまり

記録していた筆を思わず落とす。・・


何か場所を指示をするような死んだ父の声がユンボクに聞こえてくる。・・

ユンボク指示する場所を追っていくと1枚の絵に辿りつく。・・

ホンドに絵を見せても粗悪だといって全然問題にもしない。・・


ホンドとユンボクは、スファンの息子ユオンを訪ねるが、・・

ユオンは、父の絵は全部燃やしてしまったと言って・・そっけなく追い返す。・・

使用人がホンドに死んだ旦那様が息子に、腹をてる人に渡すよういわれたと言って

絵のはしきれを渡す。・・

大商人・ヘス随行絵師として雇われて絵を書いてる所にホンドが来て・・・

ユンボクがヘスの所に居る事情を知る。・・養父に捨てられ帰る所が無いし自分で選んだ道という・・

ホンドは、師匠が死ぬ前の行動を調べる。・・師匠が死ぬ前戸曹判書の肖像画を

書いたこと知り見せてくれと頼む。・・戸曹判書はルールとして。・・

お題の絵を描くように言う。・・いよいよ画事が始まる・・


第15話へ続く



スポンサードリンク
2013年08月08日| Edit
Copyright © nonkoの料理メモ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます