金田一少年事件簿・フアイル7!あらすじ|nonkoの料理メモ

nonkoの料理メモ

土鍋やルクエのレンジを使った簡単料理のメモや夕食日記を書いていきます。 大好きな韓流ドラマや海外ドラマサスペンス映画のあらすじ感想も時々♪ 自分のお気に入り美容健康通販グッズや気になるものも随時更新!

スポンサードリンク

金田一少年事件簿・フアイル7!あらすじ

ブログネタ
ドラマの情報局 に参加中!

金田一少年事件簿・フアイル7

ドラマ原作本の「雪影村殺人事件」文庫版、
 絶賛発売中!!

一は、数年ぶりに雪影村を訪れる・・


一は3年前、雪影村で仲良くなった友人の、島津匠(須賀健太)、立石直也(入江甚儀)、

魚住響四郎(上遠野太洸)、太刀川都(山下リオ)、社冬美(藤原令子)、

蓮沼綾花(平祐奈)とはじめは、久しぶりに再会


葉多野春菜(小川涼)の姿が無いことに気づく・・

春菜が1年前の夏の雪が降る朝に自殺したと聞かされる。


謎めいた文面の遺書が残されていた・・とか


夏の雪は気になると佐木(有岡大貴)と真壁(浅利陽介)も、、
一緒に来ていた・・

自殺した葉多野春菜の棺から3本の「上送りの矢」が盗まれたことを知る。

翌日雪で真っ白に埋められた校庭の真ん中で社冬美の死体が発見される

そして首になくなったはずの“上送りの矢”が立っていた


現場には冬美のものと思われる一つの足跡しかなかった・・

別件で雪影村に来ていた剣持警部(山口智充)は、・・

現場の様子から自殺の可能性が高いと判断する・・が

一は他殺の可能性が有るという・・

又死体が発見される・・一の旧友の一人が犠牲者だった…。



スポンサードリンク
2014年09月05日| Edit
Copyright © nonkoの料理メモ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます