奇皇后第38話予告あらすじ|nonkoの料理メモ

nonkoの料理メモ

土鍋やルクエのレンジを使った簡単料理のメモや夕食日記を書いていきます。 大好きな韓流ドラマや海外ドラマサスペンス映画のあらすじ感想も時々♪ 自分のお気に入り美容健康通販グッズや気になるものも随時更新!

スポンサードリンク

奇皇后第38話予告あらすじ

ブログネタ
韓国ドラマ に参加中!
第38話あらすじ

高麗王からの密書をスンニャンは手にした。・・

ワンユも同じく密書を手にする。・・

書かれていた事は、スンニャンが皇后になれるよう・・・

手助けをするよう・・と書かれていた。・・


目障りなヨンチョルがいなくなった今、ベンガルは強気・・


ワンユが高麗王に復位するならば、・・

自分の事を助けるのが属国の道理だとペガンは言った。・・


ワンユはそれを聞いて・・

スンニャンにペガンを信じてはいけないと忠告する。・・


皇帝タファンはぺガンを大丞相に任命する

ワンユも高麗王へ復位が決る。・・


権力を握りたい欲で・・

ベンガルは、姪バヤンフトゥクを皇后にする準備をはじめ

タルタルに皇后教育を指示した。


ベンガルは、野望実現には・・

たとえスンニャンであっても許さないと決めていた。・・

皇太后は、スンニャンが皇后になるのを嫌い反対する。・・

后宮達は、スンニャンの事を皇后と呼んでいる。・・

スンニャンは、ぺガンに裏切られ、ワンユが言った言葉を思い出していた。


密書を読んだスンニャンはワンユに会い、


高麗のために2人で手を組もうと持ちかける


第39話へ続く








 


スポンサードリンク
2015年05月01日| Edit
Copyright © nonkoの料理メモ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます